ムービックス

ムービックス(movix)のお得情報と映画を見るためのチケット取得法をお知らせしますね!ムービックスは、清水・利府・亀有・川口・六甲・本牧などなど全国にあります。その全国にあるムービックス 情報も併せてお伝えいたします。

ムービックスとは

松竹系のシネマコンプレックスをムービックスと呼びます。正式名称は株式会社松竹マルチプレックスシアターズですが、1990年に設立されて、現在傘下の劇場は全国に20を超えているそうです。

ムービックスが地方に多いわけ

ムービックスは映画興業がメインですが、インターネットのWEBサイトや携帯サイトを活用したチケット予約や、上映映画の情報などを配信するほかに、事業展開として、提携企業を積極的に募集し、地方への進出を図って言います。

ムービックスの戦略

ムービックスも会員のカード発行やその優待サービスなど色々行なっていますが、大規模な事業拡大に対する資金調達は、苦労しているようで、自社で劇場建設はあまり行なわず、既存の施設を改装する形で、コンテンツと運用ノウハウを供与して提携企業を求める戦略にでていますが、見方を変えれば、飲食店のフランチャイズの様なモノで、苦心の後が窺えます。 ムービックスの提携条件をみると、用地面積や商圏内の人工など、事細かに設定していますが、特に目に付くのは駐車場の広さやモータリゼーションを意識した立地など、劇場の大型化とともに、商圏をモータリゼーションによってかなり広範囲に見込んでいる点です。

ムービックスの雰囲気

シネマコンプレックスと言うと、すぐに都市圏を中心とした、集客力のある商圏を思い浮かべてしまいますが、ムービックスでは、郊外型のファミリーレストラン的な発想で、集客を考えているようで、今までのシネマコンプレックスとは、ちょっと違った視点で事業拡大を狙っていることが分かってきます。 一方で劇場内部の内装は空港のようなオープンな雰囲気をベースにした、他のシネマコンプレックスと同様なコンセプトになっていて、それほど変わりばえしませんが、映画の上映だけでなく、付帯施設としての売店やレストラン、カフェなど複合的なアミューズメント施設としての機能を持たせることで、収益性を高めようとするものです。

ムービックスの課題

手法的には何処のシネマコンプレックスでも取っている手法と言えますが、問題は上映するコンテンツが重要で、ロードショウのように最新の映画を配給し上映することで、投資回収のサイクルが短くなる反面、映画の成功失敗が、すぐに判明してしまい、きついリスクを負う事になります。 他の業界では一般的ですが、顧客のニーズを現場からどう吸い上げ、映画製作の現場に反映するかが、ムービックスひいては松竹の最大の課題といえるでしょう。

日本映画界

映画ファンや一般の観客の動向を吸い上げるのが、日本映画の会社は、はっきり言って下手ですから、今後ムービックが松竹の中で、どのような位置付けになるかは、興味のそそられるところです。

全国のムービックス

日本全国には多くのムービックスがあります。その数20!が、未だにその数が増えているとも・・・清水・橿原・宇都宮・橋本・亀有・昭島・IX堺・柏の葉・八尾などなどあなたの近所にもムービックス はありますか?